お寺の標語(Ⅱ)~ 白露の頃'15


           子は親の思うようには育たない
           子は親のするように育つのだ

 こちらもどこかのお寺の掲示板で見かけ、深く印象に残っている言葉です。
 「親の背を見て子は育つ」「子は親の鑑」と同じ含蓄ですが、子どもの頃の親や大人の接し方が、子どものその後の人生や人格形成に深い影響を及ぼすことが心理学の世界では知られています。
 それに気づくことなく成長し、以降の人生においてさまざまな壁に当たり、なぜ自分はこうも悩み苦しむのか自らを責め続ける人も少なくありません。


 子も人間なら親も人間、大人とて間違いも犯すし、未成熟な部分や欠点も当然あります。
 反面教師としての親も受け入れ学びつつ、同時に親への変わらぬ尊敬の念と深い情愛を抱き、何のわだかまりも屈託もなく、すくすくと大人への階段を昇っていく、というのが理想かもしれません。
 しかし現実には、子どもの頃からそのように高く安定した自己をもって生きることは、なかなか容易なことではありません。

 何故ならば、子どもはやっぱり子どもだからです。
 生きていくうえで絶対的な支配力を持つ親に対して、幼い子どもはとても不安定で無力な存在です。
 どのような形であれ、その親から否定されるようなメッセージを子どもなりに受け取ってしまうと、成長途上にある幼い子どもの心には、生き物としてその生存を脅かされるほどに根源的な強い恐怖や不安が深く刻まれるかもしれません。

 それが間違っていようと根拠なきものであろうと、そんな思い込みがよもやその後の自分のものの考え方、生き方の根底にあるなどとは、もちろん思いもつきません。
 こうしてその後子どもが成長し、経験を積んだ大人になったこんにちにおいても、そうしたメッセージは様々なネガティブな思い込みとなって、日々存続・強化されわたしたちの前に立ちはだかります。
 それを直していくのはやはり容易ならざることなのです。

 大人は、子ども(たとえいくつになっても)はあらゆる面において親に依存していることを忘れてはなりません。
 足早に大人扱いし大人目線の言動で接したり、過度の期待や課題、周囲との比較を課し、なにがしかの条件をクリアしなければ本当の愛を受け取ることができない、と子どもが誤ったメッセージをこころに染み込ませることのないよう、常に慎重にならなければなりません。
 
 こうしたカウンセリングの専門的な領域のお話に行きつくほど、このごく短い標語は、前回の繰り返しにもなりますが、何ともありがたくもわたしたちに多くを考えさせる一言です。

 ところで、お寺の標語ということでウンチクある言葉を紹介しましたが、そもそも、気晴らしにウロウロするという行動を選択しなければ、こうしたありがたい言葉を知ることはなかったと思うと、なにはともあれ、ちょっぴり大袈裟ですがやっぱり行動するって大事かなぁ、と思うのです。
 たとえ、そこから期待していたこととは別のことが起きたり起きなかったりしたとしても、行動になにがしかの変化を与えるということは、私たち自身にもなにがしかの意味あることをもたらすことに違いない気がしています。(
201597日)

  
メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 麻布十番
メンタルヘルスウォーキング

d0337299_15413948.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/22122930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2015-09-07 10:43 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、時にカウンセラーとして、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。ブログのどこかに、読む人それぞれの「わたし」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る