読書の秋 ~ 霜降の頃'15


 10月も半ばを過ぎ、ここ東京でも次第に秋が深まってきました。紅葉がうっすらと始まっているところも出てきていますね。秋と言えば食欲の秋、読書の秋、芸術の秋。よく言われることですがこれって本当ですね。ひょっとすると、わたしたちのほどんどが何かしら思い当たるか、実感していることかもしれません。
 
 夏という季節は、きっと何か大切なことを実行したり考えたりという作業をするにはあまりにも人間にとって、いえ生き物にとって過酷な条件に違いありません。そんなときは無理をせず、体を休め耐えて生き延びる(大袈裟ですけど)ことで何とか厳しい季節をやり過ごす。そしてやがて穏やかな季節を迎え、次第に人は精神的にも肉体的にも活気を取り戻す。何かをしたい気分、積極的・野心的な気分、知的作業に没頭したい気分、とにかく何であれ人としての生命機能、生きる欲求が再び活性しだす季節なのでしょう。そうした意味では個人的な季節の好みはさておき、秋というのは実は人にとって最も重要な季節なのかもしれません。

 パソコンやインターネットの便利さを頼りにしつつも、いっぽうでできるだけその世界から離れていたいとの身勝手な欲求が強いこともあって、よく本を読みます。できるだけジャンルは問わず幅広くなんでも読むようにしています。ずしりと重厚で知的好奇心を満たす含蓄深い内容の文学作品や歴史研究書も好きですが、普段の気晴らしやストレス解消に、よりリラックスして読めるような内容の本も好んでよく読みます。わたしの場合、ミステリーハードボイルド、サスペンスや冒険小説などがそれで、欧米の作家の作品がほとんどです。

 読書をしていれば、いい言葉やこころに響く言葉に出会うという経験は誰もがお持ちだと思います。ところがそうした言葉は、高尚な文学作品や学術専門書、歴史的偉人の自伝や人生哲学本に限らず、もっと気軽に読める本の中にだって、いえ、かえってそこではより平易かつシンプルに、でもズバリ書かれていたりするので侮れません。深く心打たれるというよりも、自らへの戒めになりうる、あるいは自分の心の隙間にうっかりすると芽生えがちな感情、隠れた本音のようなものを剥き出しにされるかのような言葉や文章に出会い、作家の意図や文脈背景は違えども、ギクリとさせられることしばしばです。


『現在の事件であれば、数々の事実を手に取って調べられるし、証人にも会って話ができる。法医学的な証拠を集め人々の語る話に疑問を挟める。罪悪感と悲哀を推し量れる。事件の中に入り込めるのだ。それがリーバスにはおもしろい。人間がおもしろい。人々の物語にリーバスは魅了されるのだ。他人の物語にはいりこんでしまったとき、彼は自分の物語を忘れられる。』

『リーバスは自分の幸福の基準が低いことを知っている。自分のフラット、本、音楽、おんぼろ車があればよい。愛、人間関係、家庭のような、大切な事柄ではことごとく失敗したことを自覚して、自分の生活を単なる貝殻にしてしまったのだ。仕事人間だと責められたこともあるが、好んでそうしているわけではない。仕事に生きたのは、仕事を選ぶ方が、まだしも楽だったからに過ぎない。毎日、自分の人生には関係のない、他人と関わって暮らしている。他人の人生ならば、首を突っ込んだって、また簡単にそこから抜け出られる。だから他人の人生もしくはその人生の一部の中で生きていたいのだ。少し距離を置いて何かを体験することは、実体験よりも勇気がいらないからだ。』
 (イラン・ランキン「首吊りの庭」延原 泰子訳 早川書房)

『リーバスにとって仕事の喜びとは、煎じ詰めれば、覗き見の楽しさ、卑怯者の喜びだと彼女は見抜くに違いない。リーバスは他人の悩みをこと細かく調べることで、自分の弱さや失敗から目をそらしているのだ。』
 (イアン・ランキン「滝」延原 泰子訳 早川書房)

『どんな人間にも価値がある。さもなければだれにも価値はない。』
 (マイクル・コナリー「天使と罪の街」古沢嘉通訳 講談社文庫)

 いろいろと深く考えさせられるのもまた秋という季節です。
 皆さんにとって秋とはどんな季節でしょう? 20151023日)

 
メンタルケア&カウンセリングスペースC²-Wave 麻布十番


 d0337299_15500698.jpg


 


[PR]
トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/22376722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2015-10-23 23:04 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、カウンセラーとして、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。ブログのどこかに、読む人それぞれの「わたし」や「だれか」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る
更新通知を受け取る