ただ理由(わけ)もなく ~ 春分の頃’16


「その音楽止めてもらえる?」 

「え?どういうこと?」

「それ聴いているとものすごく気持ち悪くなる。お願いだから。」


 訪ねてきた長い付き合いの友人が私と会うなりこの言葉を漏らしたとき、私の仕事部屋に静かに流れていたのは、モーツアルトの管弦楽曲でした。神童と呼ばれ不朽の名作の数々を残し、それらは今もって人々を深く魅了し続け、音楽の歴史にその名を刻む偉大なこの音楽家の作品は、現代では傷ついたこころに安らぎと安定をもたらし、さまざまな実験や実際の現場においてその高いリラクゼーション効果も確認されているヒーリングミュージックの代表格でもあることはよくご存じのことと思います。私も幼少の頃から聴き親しんでいたもので、たまに仕事の合間やプライベートな時に部屋の中で音楽を流すことがあります。この友人が訪れたのはそんなときでした。

 人それぞれ音楽には好みがあり、好き嫌いがわかれるのは当然のこと。また、その時の気分や置かれた環境や状況で、音楽を聴きたいときもあれば聴きたくないときもあります。でも、モーツァルトを聴くと「気持ちが悪い」といきなりやられるとこちらも正直「気持ちが悪い」のです。好き嫌いはあっていいのだけれど、『モーツァルトを聴くと気持ちが悪くなる』という表現にはついぞ今まで出会った経験がなく、なんとなく自分もまるごと否定されているような気分にもなってしまう。つまりある意味ショックでもありました。いったい私の友はどれほど気持ちがささくれだっているのかと。


苛立ちにも近い戸惑いに「わかった。でも、何でダメなの?」

と、こちらをキッと睨み付けるようにその友人は言ったのでした。

「理由が必要なわけ?嫌なことに。」


 そこではっと我に返りました。友人の本当につらそうなその表情を見て。時に私たちに理由(わけ)なんてきっと必要としないのだと。ひとが何かを好きになったり嫌いになることに、何かをしたいと思ったりやめてしまいたいと思った時に、辛いとき、悲しいとき、寂しいとき、泣きたいときに。私たちは本当の理由(わけ)訳なんて知りたくないし、知らないのかもしれないのだ。ただそうだからそれをしたりしなかったりするのだ。ただそうしたいからなのだと。

確かに心の奥底には何らかの原因はあるのかもしれません。つきつめれば思い当たる理由が芋づる式にあれこれと出てくるかもしない。でもだからといって、それが今の自分の気持ちや感情を正確に表現しきっているものなのか、上手にそれらを落とし込めているものなのだろうか?それは所詮、他人やあるいはひょっとすると本人にだって容易には理解できないことなのかもしれない。だから「理由(わけ)などない」というのが実は一番真実に近い本音の感情かもしれません。


理由を探そうとする、求めようとすればするほど、説明しようとすればするほど嘘になってしまう気がする。真実から遠のいて、誤解を招いてしまうような気がする。時が経てば別の思いが頭をよぎるかもしれない。でも本当は、理由(わけ)などない。ただそうなのだ。その気持ちだけは真実。その気持ちが一番大切。上手に言いたいことが言えているのかどうか自信はありませんが、そんなことをふと考えることってみなさんにはないでしょうか?ただ理由もなくなんてあり得ないと考えるのは周囲の勝手な思い込みかもしれません。

友人の例でいえば、「気持ちが悪い」その「つらさ」そのものを、理由や原因を求めずにただわかってあげる、その気持ちを受け取ることが本当は必要だったのでしょう。理由もなく辛い思いを表していることそのものに対して真剣に目を向けてみることへの大切さが求められていたのでしょう。

でも言葉では「わかった」と言いながら、その舌の根も乾かないうちに「でも、どうして」と原因探し、犯人探しを始めてしまった私。実のところ何もわかってはいなかったのです。私自身が納得あるいは安心したいためにいやもともと気持ちに寄り添う気がなく、あるのは「何故なのか」を知ろうとする個人的な欲や自己防衛の本能に過ぎなかったことを思い知らされたのです。


理由は?、何のために?、解決策は?、とたたみかけることはすなわち、「待てない」「信用していない」周囲が存在すること、苦しみを抱える人を受け入れることよりも、自分や企業や社会への適応を早急に促し、物事を迅速に普段通りに普通に対処することへの体のいい働きかけでしかない、と時に思ってしまいます。無関心ではいられない理由の大半は相手へのおもいやりとはかけ離れた、こうした他人事的な欲求なのかもしれません。


周囲を説得するため、自分を納得させるため、円滑な社会生活を営むために私たちには何かにつけ理由が必要なのでしょう。しかし、理由など所詮後知恵でしかないとも思ってしまいます。

私自身の経験で一番思い当たるのは、かつて勤めていた会社を辞めたときでした。いろいろな理由、その時の状況や将来についての思いなど、色々挙げればたくさんあったでしょう。時間が経過し少し冷静な距離で眺めれば、もっと別の理由だって考えつくはずです。でも、何故辞めたのかと問われれば、一番誠実でずっと変わらないこころの回答は「辞めたかったから」でした。それが一番スッキリするのです。


私たちは原因や理由を探りがちであり、いつも客観的な根拠、納得できる根拠を探し理解したという感情を共有したいと思いがちです。そうでなければ理解できないと言わんばかりに犯人探しを始める。原因を求める。ホッとしたいがために。安心したいがために。

でも本当は物事を感じたり考えたり行動する真の理由なんてときに意味をもたないのかもしれません。原因はあるのだがそうなってしまう理由は本人にだってわからないかもしれません。原因や理由を究明するまでには、長い道のりがありそれは常に変化し複雑なものです。私たちはそれをすべてたどることができるのか、待つことができるか、そこへ思いを馳せることがきちんとできるのでしょうか。


私たちのこころほど複雑でおぼろげ、そして不確かな世界はありません。そこには原因と結果があり、刺激に対する反応や行動があり、人の心の営みや行動を実証的なデータや科学的根拠に基づいて解明するのが心理学である、とは言うのは至極もっともなことなのかもしれませんが、でもそれではどうにも腑に落ちない多くの事柄について、どれだけ私たちは日々痛感し、理解をしているでしょうか。


私たちそれぞれに自分の思い描く景色があり、「理由などない」自分がいる。そうした自分を信じることができれば「理由などない」と胸張って前に進むこともできる。そして自分を信じることの大切さを他者に伝えることもできる。何かを感じたり苦しんだりするとき、したくない、できないことに「理由(わけ)なんかない」、ただそういうものが存在するということにもっと深い眼差しを向けるべきなのではと思っています。


理由の見えないところ、容易に理由はこれだからといえない苦しみに寄り添い、決して見捨てず、待つ勇気を持つ社会、理解を示す度量と柔軟さと思いやり。話は飛躍するかもしれませんが、現政権の高らかに掲げる「1億総活躍社会」の含むところにこうしたメッセージもあることを切に願うばかりです。

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 麻布十番

~いつもお読みいただいてありがとうございます。~

d0337299_17000492.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/22988916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2016-03-18 20:47 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、カウンセラーとして、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。ブログのどこかに、読む人それぞれの「わたし」や「だれか」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る