夏は夜 ~ 処暑の頃‘16


「短い夏を楽しんでます。」

お盆を過ぎた頃になると、青森県に住むお友達のKさんから、段ボール箱一杯に朝採れたばかりのとうもろこし(「嶽きみ」というブランドなのだそうです)が届きます。毎年経験するそのあまりのおいしさに感激のメッセージを送る私のもとに返ってくる便りには、ふるさとの風景や夏祭り、スポーツ大会で奮闘する2人の我が子の成長する様子の写真とともに、冒頭の言葉が添えられていました。「あのね、お祭りは『観る』ものじゃなくて『する』ものよ。」とキッパリ言い切る彼女の勇ましくもすがすがしい言葉を思い出しながら、仕事に子育て、そしてお祭り(もちろんあの勇壮な『青森ねぶた』です。)など諸々の行事と活動に奮闘する間に過ぎていく、ただでさえ短い北国の夏への思いが、そのサラリとした言葉の中にギュッと詰まっているようで、大袈裟にも胸が一杯になります。


「お盆を過ぎれば、夜にはもうどこからか涼しい風が舞い込んできます。お空の方でも、どこにお盆がやってきたかわかっているのでしょうね。」

 栗で有名な長野県の小布施で、農園をご家族で営んでいらっしゃるTさんからは、厳しいながらも確かな恵みと日々の糧をもたらす大地と自然への愛着と感謝の気持ちがひしひしと伝わってくる素敵なメッセージをいつも頂きます。そのせいなのでしょう、Tさんの農園からやってくる桃や巨峰、りんごなどは本当にどれもがみずみずしく濃厚で、そしてとても懐かしい味がします。


 東京では、盛夏とも残暑とも区別のつかない暑さが9月に入ってもダラダラと続くという印象ですが、同じ日本とはいいながら季節のとらえ方感じ方はそれこそ地域によりさまざま、お盆を過ぎるとすでに秋の気配を実感するところも多いのでしょう。

 地球温暖化や異常気象が何かにつけ懸念される昨今ですが、処暑の今頃になるとキチンと台風がやってきたり、こうした地方からの便りに接していると、季節や暦(こよみ)はまだまだ生きており、むしろそうした自然の摂理や営みに逆らうようなちぐはぐな生活をひねり出しているのは都会に住む私たちなのかなと、ふと考えさせられます。

d0337299_17133249.jpg


 さまざまということに関して、東京のような都市部とその他の地域の一番の違いはといえば、ひょっとすると夜空の星の見え方かもしれません。最近は天体観測にまた人気が高まっているようで、都会の人々に星空をもっと身近に楽しんでもらおうと、都市近郊への天体観測ツアーや高層ビル屋上から眺めるイベントも多いと聞きます。でも、これまた長野県の山間の小さな村ご出身のIさんに言わせれば、「東京あたりの空は『星空』とは言わないですよ。だって真夜中だってなにも見えないも同然ですよ。」だとか。それはその通りで、ひとたび本当の「満天の星空」を体験してしまうと、郊外を含め都会の夜は、夜中でさえまったく「闇夜」とは程遠いことを実感します。それどころか、星が見えないということで言えば、都市部の夜は昼間の方にむしろ近い明るさなのでは、とさえ思えてしまうほどです。私が個人的に体験した、南国の宮古島と信州野辺山高原での夜空もまさに圧巻のひとこと。「宝石箱をひっくり返したような」という表現がまさにピッタリの「星だらけ」状態に、感動を超えショックを受けたものでした。自分の小さな頃は今と比べてそれなりに星はたくさん見えていたのになぁ、とのそれまでのおぼろげな認識と記憶が、宮古島や野辺山高原の漆黒の闇に繰り広げられる天空の星々の光の饗宴の前に、見事に打ち砕かれていったことを今でもよく覚えています。つまりは、少なくとも都会に暮らす私たちの多くが、本当の「夜」を知らずに人生を送っているようです。


  夏は夜

  月の頃はさらなり

  闇もなほ

  蛍のおほく飛びちがひたる

  又ただひとつふたつなど

  ほのかにうち光りてゆくもをかし

  雨など降るもをかし 


 『枕草子』の有名な一節夏の段ですが、はるか一千年もの昔の夜に思いを寄せるまでもなく、たぶん私たちは、安全や利便性、経済的繁栄という「今」とひきかえに、自然の摂理に呼応した古来からの人の営みや生き方を失ってきたのでしょう。本来見えるはずのものが見えていないか見えなくなってしまう、所詮私たちが現実に見ているものとはその程度のものなのかもしれません。そして失ってしまったものは今やわざわざ「見に行く」ものになってしまったその不自然さと、「得られるもの」はなんでもなかば貪欲に、なかば当然のごとく受け取ろうとする無理やりさ、そしてその陰で消えていった「失った」ものごとへの戸惑いとそっけなさが、とりわけ都市生活の営みの根底にあるのかもしれません。


d0337299_17355945.jpg


 「人はどこか無理をして生きている。」
(池田政俊 帝京大学文学部心理学科教授)

 「(人が)母胎から分かれ誕生した後に生き抜いていくための発達とは、まさに欲求が充足されないこと、すなわち欲求不満に対処していくための営みであるとさえいえる。」(大山泰宏 京都大学大学院 教育学研究科准教授)


 どこか無理をして生きるのが私たちの人生であり、欲求が充足されることは決してないのが私たちの人生である、と専門家の先生方に鋭く喝破されてしまうと、なんともやるせない気持ちにさせられてしまいますが、とりわけ都会に暮らす人間の営みは、はたから見れば随分と「無理をして」いるように見えてしまうのかもしれません。

 自然の理不尽さや猛威、危険と不自由さに対峙し、克服、コントロールしようと努力したその結果、私たちは確かに安心と安全を手に入れ、物質に溢れ、明るく眠らない街と多様なライフスタイルを享受することとなったのでしょう。ひるがえって冒頭の私の友人知人からのささやかな季節の便りからは、いまだ自然の営みにさまざま影響なり制約を受けながらも、同時にそれらがより大きな「枠」となって伝統や習慣、家族と地域社会の絆を育み、その地に生きる人や社会を包んでくれている場所があることを感じさせてくれます。

 こうした枠組みに守られているという安心感や、人生とはおおむねこう進んでいくものであると規定されることから距離を置き、さまざまな自由を獲得した現代社会に生きる私たちは、その対価として社会で生きるための自分の立ち位置や自我に対する問いかけ、つまり自分は何者であるかを自ら探し求めなくてはならなくなったのでしょう。


 「あ~それはムリムリ。本当の田舎暮らしなんて、都会育ちの人のあこがれとは程遠いものですよ。それすることのほうがかえって不自然で無理があるでしょ。」

 以前、「一度は田舎暮らしもしてみたいなぁ。」とふと漏らした私に、苦笑交じりに即座に返してきたのは先ほどのIさん。そんなIさんの夢は、憧れのカリフォルニアのサンタモニカ・ビーチ近くで暮らすこと。その目標に向けお仕事に英語習得にと奮闘する明るく成熟した大人の女性です。

「子どもの頃からいつも母に、『ここから出てもっと広い世界を見に行きなさい。』って言われていましたから。」

そんな素敵な夢、是非ともかなえて欲しいなと願わずにはいられません。

d0337299_11494277.jpg
 

どこか無理をし、満たされない欲求に悩みながら、それでもなんとか前向きに進んでいく方法を模索するのをお手伝いするのがカウンセラーの仕事といいながら、結局自身もどこか無理をして生きているのに違いない私は、ひどい夏カゼをひいてしまい、咳が止まらず声もガラガラ。仕事にも差し障りが出るし、睡眠不足になるなど散々のお盆でした。内心不満タラタラにやむなく仕事場近くの内科を受診、待合室でボーッとしていたところ、ふと子供用の絵本や婦人向け雑誌が並ぶマガジンラックの中の一冊の本に目が留まりました。その名も「雲のカタログ」。世界気象機関(WMO)によって分類された100種類あまりの雲の姿を素晴らしい写真とそれぞれの雲についてのでき方見分け方など、雲についての基本的な知識がコンパクトに読みやすくまとめられた、いわゆる図鑑です。ひとつ前のブログで空を見上げることが趣味と書いた私のこと、「あ~世の中にはこんな素敵な本もあるのだ」と、しばし体調のことなど忘れて思わず見入っていました。

「どこか無理をしなかったら、この本とは出会わなかったかなぁ。」かなりのいい加減な理屈で今回のブログは締めることにします。


【ご参考までに】

 ✽土屋農園(長野県上高井郡小布施町)http://www.dia.janis.or.jp/~mukumuk8/

 ✽「失われた夜の歴史」(ロジャー・イーカーチ著、樋口幸子他訳、㈱インターシフト、2015年)

 ✽「雲のカタログ(空がわかる全種分類図鑑)」(村井昭夫・鵜山義晃、草思社、2011年)


最後までお読みいただいてありがとうございます。

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 六本木けやき坂





[PR]
トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/23432280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2016-08-24 22:48 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、カウンセラーとして、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。ブログのどこかに、読む人それぞれの「わたし」や「だれか」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る
更新通知を受け取る