言葉のゆくえ ~ 立秋&処暑の頃’17


暦の上では秋の始まりを告げる立秋を過ぎ、そろそろお盆を迎えようというこれからしばらくの時期は、全国的に一年で最も暑い時期に入ります。そうは言いながらも注意してあたりを眺めていると、秋の気配がこの東京でさえどこかしら感じられる時期でもあります。今年特に感じるのが、秋空によく見かける巻雲(けんうん)のような空高い位置に発生する雲がよく観察されることでしょうか。天候の変化著しい今年の夏の空模様は、まるで台風や移動性低気圧の接近が多い秋空を先取りしているかのようです。夏もまだまだこれからとはいいながら、入道雲のそれらしい「立ち姿」をなかなか見ることができないのが少し残念で、最近少ない晴れ間の日にはつい何かと空を見上げてしまいます。

 お盆休みが近づくにつれ、次第に東京にも静けさが漂い始めるのを感じます。夏休みの時期ですからたくさんの人も逆に東京を訪れるのですが、早朝に窓を開き外をしばしうかがっていると、いつもの車や人並みの通勤ラッシュの気配、仕事現場から漏れる作業音といったさまざまな生活音よりも、むしろ蝉や虫の鳴き声や遠くに舞う鳥のさえずり、ときに風にのって漂ってくる船や列車の警笛、はるか羽田空港を飛び立つ旅客機の上昇音などが、いつもよりクリアに耳に届いてきます。風向によってはあたりにほのかに漂う東京湾の潮の香りと相まって、こうした夏の音(ね)は今日これから一日の暑さを思うことの憂うつさをしばし忘れさせてくれます。 


****


「なにか問題に直面したらそれをよく分析し調べてみる。それが解決できる問題なら心配する必要がないし、それが解決できない問題なら心配しても仕方がない。」どこで聞きかじったか定かではなく、また正確な言い回しではないかもしれませんが、これはチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が、古い時代のインド仏教哲学者の言葉としてあるインタビューに答えて引用したものです。見事に現実的かつ単刀直入なアドバイスで、よくよく考えてみれば至極ごもっともな意見なのですが、やはりダライ・ラマのような偉大な人物の口から出るとひどく納得させられてしまいます。

こうした金言・至言の類を編み出しそれらを巧みに繰り出す能力があれば、随分と仕事にも役に立つかもしれないなぁと思うこともあります。けれども現実には、そのような魔法の杖のひと振りで相談者(クライアント)が心から納得しまた癒され、問題解決へとスムーズに導かれることはほとんどないといっていいかもしれません。少なくとも私にはそうした経験がないのです。

むしろ実際のカウンセリングの場においては、そのような巧みな言葉掛けをする状況というのはほとんどない、もっと複雑で、相互に探りを入れながら「ギクシャクして」進んでいく、という表現が最も近いかもしれません。経験のあるその道の専門家なり権威者からのシンプルながら耳に心地よい言葉掛けに勇気づけられる経験もときに必要です。しかしそこになんとはなしの、切れ味のいい言葉を発する側の達成感と救われたい受け取り側の安堵感との間に発生するいっときの「はげまし」的高揚感の芽生えが、逆にかえって相談者の心に混乱なり負担感を与えてしまう場合もあるのです。大切なのは「問題はその後である」という相互の理解の共有と「あわてることのない」辛抱強いサポートです。クライアントの心にどういった変容もたらすことができるか(あるいはもたらすことになるのか)について慎重に観察し、間違った方向へたどっていないかを常に確認しながら寄り添う姿勢がカウンセラー・セラピストには常に求められるといえます。

 現実と推測とを区別すること、(自分で)変えられることと変えることができないことを区別すること、あるいは私たちの抱える問題という「実体」と、沸き上がる様々な感情や反応といった心の「現象」や思考の「思い癖」とを区別することなど、ダライ・ラマの言葉と相通ずるところもあるこうした思考アプローチは、ある種の心理療法の場面でもしばしば実践されます。しかし頭では理解できてもそれが実際の思考行動様式として定着するには時間も訓練も必要なことに加え、なによりも心の働きの個人差たるや尋常ではないことを私たちは常に肝に銘じていなければなりません。そうなのです。私たち人間は、抱える悩みの大きさや人間関係の困難さについて、怒りや憎しみ、悲しみや不安、憶測からは決して平和的で幸福な解決は見いだせないことが分かっていながら、ついそうした執着を断ち切ることができない生き物です。「わかっちゃいるけど」だからなおさら苦しいのです。


****


 カウンセリングにあたっては、毎回十分に準備・計画し、解釈や見立てを持ち、掛ける言葉なども用意しておきつつも、実際の場面においてはそのすべてを白紙に戻しクライアントと相対するよう極力心がけています。たとえ予定通りに進行せず、思い描いていた成果を感じられなかったとしても、クライアントとカウンセラー相互から発せられるいわば予期せぬ言葉や態度に注意と関心を払いながら、その「ギクシャク感」を相互に埋め合わせながら進んでいく過程を維持する力が、やがてかえってクライアントが自ら「治っていく」実感を生み出すことをしばしば経験するからです。「治す」のではなく「治っていく」過程をどれだけ敏感に感じ取りその場その場に適応していくことができるか。私たちは「与える」のではなく、「教わる」「導かれる」のだということを日々実感しています。


“療法家としては、この場合どんなア・プリオリにも従ってはなりません。むしろ個々のケースにおいて具体的状況の要求することに耳を傾けて下さい。それがあなたの唯一のア・プリオリです。”

“ですから私は若い療法家たちに言うのですが、最良のものを学び最良のものを知りなさい。そして患者に会うときにはすべてを忘れなさい。教科書を暗記したからといって立派な外科医になった人はいません。ところが私たちが今日直面している危険は、現実が言葉にとってかわられているということです。”

              (C.Gユング「心理療法論」林道義訳 みすず書房)



最後までお読みいただいてありがとうございます。

メンタルケア&カウンセリングスペースC²-Wave 六本木けやき坂

d0337299_11434147.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/25284049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2017-08-10 16:06 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心安らぐ経験や出会いなど、時にカウンセラーとして、時に仕事から離れ、思いつくままつらつらと綴っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る