名前は魔法 ~ 穀雨の頃’18


先日出席したとある懇親会の会場で、荒井さんとおっしゃる方にお会いしました。苗字が私と同じなので、何やら親近感を覚え初対面ながらつい話し込んでしまったのですが、その折やっぱりこの方も私と同じく、日常のある小さな悩みを抱えていることを知ったのでした。

それはつまり、あまり正しく名前を覚えたり表記してもらえないという悩み。

これはもしからしたら難解な漢字や読み方のお名前をお持ちの方には、めずらしくないことなのかもしれませんが、荒井という比較的よくあると思われている苗字を持つ者にとってもそれなりの悩みはあるものです。

「荒井」はかなりしばしば「新井」と誤変換され、電子メールや郵便物・ハガキ、招待状や通知文などのあて名となり視覚的に私に伝えられます。もちろんたいがいはよくある変換ミスじゃないか、とさらっと済ませられるのですが、こうも頻繁に起きると正直あまり気分は良くないのです。これが知らない人や通販業者からの荷物やダイレクトメールのあて名ならまだしも、知らない間柄ではない方や重要な書類などに間違って表記されることもよくあるので少し悩ましいです。結構な知り合いからの、優しく気遣いのこもったメッセージの冒頭いきなり、「新井さんへ」などとされると、何だかその文面の誠実性まで疑ってかかりたくもなる気分にさせられてしまうことも。相手にはそんな意図がないことは百も承知ながら、「あなたにとっての私はその程度か」「またか」の一方的なひがみ根性を時として抱いてしまったりするのです。



また、電話をはさんでの氏名のやりとりなどで、「新(井)」ではなく「荒(井)」であることを相手に説明するのにもけっこう骨が折れます。

「荒井様の『あら』は新しいの『新』でよろしいでしょうか」

「いえ、そうではなくて」と伝えるやすかさず、

「あ、ではくさかんむりのほうですね。失礼いたしました」

ひと昔前なら、スムーズにこれで終わるのが普通でした。

ところが最近は「くさかんむりのほう」と言っても、その意味が分からない世代が多くなったのか、伝わらないことが多いのです。そこで、「荒川の『荒』です」「荒川区の『荒』です」などともうひと工夫凝らす必要がでてくるわけです。


しかし、そこでも大きな難関がさらに2つ立ちはだかるのです。ひとつは、「荒川」や「荒川区」は東京・関東近辺限定でなら通用するものの、他地域の人との電話口では「荒川?」と相手がわからないことも多いのです。

かくして、くさかんむりもダメ、荒川・荒川区も通じないとなると、お互い別の表現で意思の疎通を図らなければなりません。歴史上の有名人やスポーツ芸能人で広く一般的に知られている人がいればその名前を挙げればいいのですが、悲しいかなあいにくそのような「荒井」の覚えもない。そこで相手となにやらめんどうなやり取りがかわされることもあったりします。電話の向こう側の相手が引用する例えがまた傑作です。「荒ぶるの『荒』」「荒れくれ者の『荒』」「荒野の七人の『荒』」「荒っぽいの『荒』」など、聞いているこちらが思わずふきだしたりしてしまうのですが、名前の表記は意外とやっかいなものです。


そしていまひとつ立ちはだかるもっと深刻な問題が(しつこくてごめんなさい)、「『新』ではなく『荒』ですよ」問題をようやくクリアした後にやってきます。なぜか「荒」に続くのは「荒(井)」ではなく「荒(川)」であるとほぼ自動的に考える人が思いのほか多いことです。そして『「荒川」「荒川区」の荒です』と言ったが最後、以降私はいつのまにか「荒川さん」と認知され、その後荒川さん宛てのメールや郵便物が洪水のごとく押し寄せるのです、新井さんとおなじくらい。

当然のことながら直接「荒川さん」と呼びかけられることもしばしば。これが過去に1度や2度程度しか面識のない方に言われるのならまだしも、結構なお付き合いのある方からも、単なる言い間違いなのか完全に誤解しているのか判断しづらい程度に「荒川さん」を使われていると、これがなにやら今さら訂正しづらく、みずからのほろ苦い存在の軽さを味わったりします。

たとえばデータ上の氏名リスト上のような場合には、一度訂正すれば事足りるのですが、人間の認知においてはたとえ一度訂正が入ったとしてもそれがなかなか定着しないことがあるのでとてもやっかいなのです。

仕事やお付き合いの場面ではこうした間違いの連発は致命傷にもなりうるので、相手や状況によってはさりげなく訂正することもありますが、なんだかそんなことをいちいちあげつらうのも大人げないと思い諦めてしまいます。とはいいながら、なんだか基本的人間関係の入り口でまずもって誤解があるような気がして、何となく気分がすっきりしないのです。

冒頭で紹介したもう一人の荒井さんも、これら私と全く同じエピソードをお持ちで、慣れているとはいいながら、そのたびに心の中の苦笑を抑えられなかったのだそうです。



個人的な愚痴をたらたらと書いてしまいましたが、ある人と親しい関係になりたいと思う、あるいは良好な人間関係を築きたいと思ったら、その人の名前をできるだけ素早く覚え、さりげない会話の中で直接相手や相手の周囲に対して使うことは、とても大切な方策と言えます。誰でもないあなたという一人の人間に私は話しかけている、好意を持っている、信頼している、あの人は私を覚えていてくれる、自分を多少なりとも意識していてくれるなど、じつに豊かなニュアンスをこめたり、また感じることのできる名前は、私たち人間が元々持っている親和欲求を巧みに満たしてくれるいわば魔法の言葉です。状況や関係性を無視して、やたら人を親しげに名前で呼ぶのは逆効果ですが、たいがい悪い気はしないものです。人の名前を覚えることはそう簡単なことではありませんが、名前の上手な使い方を日常で少し意識すると、人間関係がより潤滑に進むことは覚えておいて損はありません。たとえば、名前は知らないのだけれど日常生活のちょっとした場面でしばしば出会い、挨拶や短い雑談を交わす程度の顔見知りの人の存在は誰にでもあるのではないでしょうか。そんなときは少し勇気がいるかもしれませんが、今度その人を見かけたらこちらから自己紹介してみる、もう少し長く話かけてみる、などはとてもいいトライかなと思います。たとえほんの少しの前進や積み重ねだったとしても、お互いの名前を知らずにいることと比べて随分と人間関係に幅が出るものです。


日本語の会話では、必ずしも主語は必要とされません。「私は」とか「~さんは」と言わなくても話は通じる場合が多いのですが、一方カウンセリングの対話場面では、できるだけ話の主体、主語をはっきりさせることを意識します。

「~さんはどう思いますか「「~さんが期待することはなんですか」「~さんがそう信じているのですね」確認と繰り返しがその思考感情や行為の主体は自分であることの意識付けになり、あらためて内省する機会をもたらすことにもなるのです。

たとえば、家庭内で暴力をふるってしまう人の中には、暴力や暴言の事実は認めることはできても、「私が~」というところは微妙に避けて表現する人がいらっしゃいます。自分が主体的に行っている行動であることから目を背けて、何かが(状況や他者)がそうさせているかのようなニュアンスを強調したり思い込んだりしてしまう。そこで「あなた自身が」ということに、優しくそして共感的に焦点を当て続けながら、さまざま対話をしていくことはとても大切なプロセスです。もちろん強引に相手に何かを認めさせるということは控えますが、あくまで主体はだれで何が目的なのかを探る、確認し続ける過程を通して、問題の背景や原因、良否の判断を導き出すのもカウンセリングの重要な役割なのです。



ところで名前について、過去に恥ずかしい失敗の思い出があります。夫婦関係の問題で相談に訪れていた女性とのカウンセリング中のことでした。長いカウンセリング期間の間にその方は結局離婚なさったのですが、離婚後もしばらく続いたあるカウンセリングの最中に、突然その方が私に訴えたのです。

「あの、すみません。先生わたしもう『鈴木』ではなく、『菊池』なんです。鈴木と呼ばれるのはちょっと...』

私は無神経にも、離婚後もそのまま婚姻時の姓で話しかけてしまっていたのです。

「ああ、申し訳ありません。配慮が足らず本当に申し訳ありません。」

見た目にも私はかなり落ち込んでいたのでしょう。

「大丈夫ですよ、先生。私もだいぶ強くなりましたから。」

今までに見たこともない明るい表情でそう話すその方が確実に立ち直りつつあることを、自分の失敗を通して気づかされたという、何ともほろ苦い思いです。

 

ちなみに、カウンセリングの場面では「先生」とよばれることが多いのですが、あくまで治療者と相談者は対等の立場での対話が基本の立場からすると、もっと気さくにお互いに名前で呼び合っても場合によってはいいのかなとも思わないではありません。お医者さんや学校教諭、政治家の方々と同じような呼び方をされるのがどうも苦手なのです。ただ、カウンセリングにおける関係は一般の人間関係とは異なり、治療という目的達成に焦点化された関係であって、相談者がその性質を親しい友人や家族関係の代わりのように過度にとらえることのないような配慮は必要です。問題解決への親密な協力関係を維持しながら、余計な感情や情緒と距離を置き、互いの立場を尊重するためには「先生」であることのほうがむしろいいのかもしれません。

でも本当は、名前で交流する方ずっと気が楽で嬉しいのです。『新井さん』や『荒川さん』ではちょっとつらいですが。


最後までお読みいただいてありがとうございます。

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 六本木けやき坂

過去のブログ記事

d0337299_22045705.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/26702171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2018-04-20 21:57 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心安らぐ経験や出会いなど、時にカウンセラーとして、時に仕事から離れ、思いつくままつらつらと綴っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る