人気ブログランキング |

学校に想う ~ 小暑の頃’20



 一昨日7月5日、東京では東京都知事選挙が行なわれた日でした。実は私、選挙が好きなんです。そう書けばよほど今の都政や政党・政治家に関心が高い人間なのかと思われるかもしれません。関心はそれなりに持ってはいますが、実際はそういうわけでもなく、実は選挙投票所へ行くことを楽しみにしているのです。

 投票所といえば小学校や中学校、各種の集会所といった地元の行政教育機関が投票会場に指定されます。私の指定投票場所も地元の小学校なのですが、その誰もがかつて通っていた昔懐かしの学校の敷地や校舎内に堂々と(!?)入ることができる滅多にない機会ゆえに、投票行動をともなう選挙日がひそかな楽しみなのです。

 サイズもそれぞれ、青や赤などに縁どられた上履きがきちんと収納されている下駄箱がずらりと並ぶ正面玄関を抜け、投票会場はこちらですの表示に従いながら長い廊下をたどっていく。窓の外に広がる校庭を眺め、壁一面に貼られた絵や習字、並んだ小さな机が入口窓から垣間見える誰もいない教室のいくつかを通りながら、学校のなんともなつかしい香りと空気を味わっていると、まさしく過去にタイムスリップしたかのようで、さまざまな記憶とともに胸の奥から静かに押し寄せる郷愁と感傷の高まりがなんとも心地よく感じられます。



 敷地内に堂々と入れるめったない機会、と書きましたが、それは独身者や子供を持たなかったりあるいはすでに子どもが大きくなった部外者ともいえる大人達に限らないようです。昨今きわめて厳格になった児童・保護者に対する犯罪防止等のセキュリティ対策や不測の事故災害対策等の観点から、ここ数十年の間で学校教育機関の地域への開放事情はきわめて限定されたものになったようです。

 かつて少なくとも私の記憶している限りにおいて、開校時放課後休日問わずたいていフリーアクセス的に地元民に広く開放されていた場所が今では、関係者以外は言うに及ばず、状況次第とはいえたとえ保護者や業者等と言えども、事前連絡や身分提示を経たアクセスが厳格に適用される状況があったり、放課後など授業時間外の子どもの利用も昔に比べてずっと制限されていると聞きます。

 そういえば以前、ひさしぶりに自分がかつて通っていた小学校を放課後の時間帯に訪れたことがありました。校門がどこもしっかりと閉ざされ、入口付近を中心に民間のセキュリティ警備担当者らしき人が巡回し目を光らせていたのを覚えています。私が懐かしさからしばしひとり近くにたたずみ児童達の姿を眺めていると、かなり警戒するようにじっとこちらをにらみつけていた(ちょっと主観がはいってますが)のには、少なからずショックというか多少憤懣やるかたなさも覚えたものでした。警備スタッフの存在が子どもたちや保護者に安心感を与えていると理解しつつも、やはり時代は変わってしまったと寂しく感じたことも事実でした。何人か子どもたちは遊びに来ていましたがその数は多くはなく、いい天気の日だったにもかかわらず彼らは校庭ではなく体育館で遊ぶよう指導されていました。できるだけ大人の注意が行き届く範囲で子供たちにいてほしいという安全配慮がなされていたのでしょう。

 

 時代が変わったとは使い古された言葉で私もついそうした思いになりがちにもなります。それがどちらかといえば、いい方向へよりも悪い方向へ向かっていると意識されるのは、私自身が年齢を重ねるにつれ時代の流れにうまく適応していないからではと感じてきました。つまりは、実際はそれほど悪くはないし過去に比べても多くは改善しまずまずうまく機能はしているのではないかと。

 たとえばいま述べた昨今の地域に閉ざされた学校空間にしても、私たちの暮らす社会の安全がそれほど脅かされているかと言えばそのような根拠は存在しません。むしろ各種の統計データが示す結果は真逆であり、犯罪発生件数等は常に戦後最少を更新し続けており、青少年犯罪や凶悪犯罪も減少の一途をたどっているのが実情です。つまり実際の安全はおおむね一層高まっているにもかかわらず、多くの人がそうとは実感していないということになります。ニュースや報道されている情報に接するかぎり不穏でショッキングな出来事や話題には事欠かないが、では実生活で危険を感じたり、状況が悪化している実感があるかとの個別に問われればそれにはむしろ否定する人が多いという、事実と実感、空気感との間のギャップについては、以前からさまざまな調査などでも確認されている心理学上の定説といえます。


 一方で安全の話題とは異なりますが、私はカウンセラーその他のキャリアを通じて、多くの子どもや保護者から日常の学校生活事情やその難しさについて、またうまく機能しているとはいえない教育現場の事情のお話を聴いた経験があります。教育の質の低下や格差、さまざまな原因背景を持つ不適応児童の増加、PTA活動や学校行事への参加といった保護者の役割と仕事の両立にまつわる保護者教師両側のご苦労、インターネットやSNSというバーチャル空間ツールがもたらす子供や保護者、教師間の人間関係に与えるストレス、個人情報やプライバシーへの配慮がもたらす手続きの煩雑さと混乱、かつてほど濃密な時間を子どもたちと共有できなくなるほど多忙をきわめ疲弊し葛藤する教育現場の方々。こうした昨今よく耳にする話題が、ネットやSNS、あるいはテレビメディアによって誇張されたものではけっしてなく、現実に起こっていることなのだということを実際に聞からされ、あらためてそうした問題の根深さに衝撃を覚えたものでした。

 家庭と同様健全な自我の発達を育み、良質な知性や知識を身につけ人として成長し、有意義な人生を送るための基本を学ぶ場であるはずの学校現場において、学ぶ側にも教える側にも疲弊と苦悩の色濃い状況がそう珍しくないのであれば、どんなに国がさまざまな統計上の数値は改善し、経済的な繁栄は続いている、適切な政策や対応はしていると主張されてはいても、真に豊かな国にはなったとはいえない実情もまたあることについ憂いてしまいます。



 空気を読むことを尊び、原因や背景について深く追求し根本を見直してみようとすることより、そこそこあいまいな余地を残し残りは水に流すほうを選びがちで、どちらかといえば真実や事実よりも空気感を重んじ、自分から求めるよりもむしろどこからか(例えばお上という発想)与えられ制約を受けた状況を是としあくまでその範囲内であれこれやりくり工夫を凝らすのを好み、そして最終的にはこの国にいる何となしの安心「感」にどこか寄りかかっている、そうした傾向は良くも悪くも私たち日本人の無意識深くに横たわる独特な文化的土壌といえるかもしれません。

 けれども、コロナ禍の影響もあって、当たり前のことが当たり前にすることが難しくなってしまった現状にある今だからこそ、大人が時に自分達の生活を少しわきに置いておいても子どもたちの将来のため教育や文化、福祉のあり方を真剣に吟味し直すべき時だともいえるのではないでしょうか。



 7月に入り学校を始め社会にもだいぶ日常が戻りつつあるような状況ですが、新型コロナウイルスが指定感染症である以上、皆がどこか抑制的で神経質な七夕の日を迎えていることでしょう。目立ったイベントもなく、華やかなはずの七夕飾りも街中や学校でごく控えめなのはやはり寂しいものです。

 私たちの意思を政治に反映させる最も有効な機会であり、民主主義の原点ともいえる選挙投票という権利行動が、選挙権を持つ成人の大半にとって遠い昔の思い出の場である学校という場で行使されることの象徴的な意味合いを、今ほど意識することはありません。



 子は親の思うようには育たない

 子は親のするように育つのだ



 何年か前に見た、近所のお寺の掲示板に書かれていた言葉が思い出されます。



 


* 「犯罪は増えていて凶悪化している」という誤解(田村正博 京都産業大学法学部教授)

* お寺の標語②



最後までお読みいただいてありがとうございます。

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 六本木けやき坂

過去のブログ記事

学校に想う ~ 小暑の頃’20_d0337299_14261072.jpg


トラックバックURL : https://c2waveblog.exblog.jp/tb/28158405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yellow-red-blue | 2020-07-07 10:30 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、仕事について、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。記事のどこかに、読む人それぞれの「わたし」や「だれか」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る
更新通知を受け取る