<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

幸福な日常 ~ 大暑の頃’16


オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展(427日―822日 国立新美術館)


国立新美術館で開催中のルノワール展は、開催期間も残すところあと1ヶ月あまりとなりましたが、すでに来場者数40万人を突破する人気ぶりだそうです。これから夏休みに入ることもあって、入場者数はさらなる勢いで伸び続けることでしょう。

 ピエール・ オーギュスト・ルノワール(1841-1919)と言えば、ゴッホやピカソ、モネなどと並んで、世界的に最も知られ人気の高い西洋画家のひとりであり、絵画芸術史上不動の地位を占める印象派絵画の巨匠であることはご存知の方も多いと思います。美術や絵画に興味のない人でも、その名前ぐらいなら聞いたことはあるでしょう(関東の方でしたらよくご存じの喫茶室「ルノアール」も彼の名前からとったものです)し、ルノワールという名前は知らなくても、その作品はポストカードや本や雑誌の挿絵、はたまたジグソーパズルやCD・レコードのジャケット、企業カレンダーの素材などの定番として私たち日本人にもお馴染みで、その作品のいくつかはどこかで一度は目にしたことのある方が多いはずです。その彼の珠玉の作品が、印象派絵画の世界的コレクションで知られるオルセーとオランジェリーの両美術館から大挙してやってきているわけですから、その人気ぶりは当然と言えるかもしれません。   

  

 私も早々に展覧会を訪れ素晴らしい作品の数々を堪能しましたが、ルノワールがテーマで何なのですが、実は今回強く印象に残ったのは、その展示作品もさることながら、むしろ鑑賞にそこを訪れていた人々と会場内をただよう空気でした。美術館通いをするようになって随分とたちますが、展示作品以上に観る側の人々の様子や会場の雰囲気がより印象深かったというのは今回が初めてです。かといって、その日が何か特別な日であるとか、特定の団体が訪れていたなどというわけではもちろんありません。その日も全く普通の、普段の展覧会の一日に過ぎませんでした。

開催前より話題となっていた人気の展覧会ですから、事前に覚悟していた通りの混雑ぶりの中での鑑賞とはなったのですが、不思議と穏やかでゆったりとした空気が流れていたことに、少々驚かされました。特別静寂なわけでもなく、かといって人込みでごった返してどことなく落ち着かないざわついた感じでもなく、なんとも「感じのいい」雰囲気と静粛感とが会場全体を覆っている感覚を覚えたのです。

言葉を発せずに作品をじっくり鑑賞したりメモをとったり、音声ガイドに耳を傾けるたくさんの人に交じりながら、様々なひそひそ会話が自然と耳に入ってきます。こんな感じです。

「あの横に咲いている花なにかしらね?」

「あの女の子の肌見てよ、きれいよね~」「でもちょっと腕太いかしらね。今だとダイエット必要かもね。」

「いいお宅だな~。向こうはこんな家が今でもたくさんあるんだよね。」

「これこれ、オルセーで観たの。やっぱりいいね~」「ところで旅行一緒だった山崎さん最近どうしてるか知ってる?しばらく会っていないけれど。」

「お腹空いてきたわね~、お昼どこにする?」

 展覧会でよく耳にするこうした類の会話には、人が絵画について無知であるとか、退屈なものあるいは難解であるからなどという理由から発せられるとは必ずしも言えないですよね。楽しみ方はそれぞれなのですが、むしろ私は今回、会場内外の雰囲気と行き交う人の笑顔や表情に接して、こうした光景こそがルノワール作品の魅力の秘密なのではと感じたのです。ではそもそもなぜルノワールの絵画は「人気がある」のでしょう?


ルノワール絵画の魅力とは、誰にも了解可能な「わかりやすさ」をもって、「日常の幸福」をいきいきと、そしてどこまでも美しく描いたことにあるでしょう。彼の作品には、その主題や対象、構図や構成、色彩と筆致など、すべてにおいて群を抜いてすぐれた明朗さと美しさの深みがあります。それらがもたらす安心感に何の迷いもなく浸ることができるその幸福感こそが、ルノワール人気を支えているのです。

 「わかりやすさ」とは言ってみれば、私たちに何も求めてはこない、ということでもあるかもしれません。私たちは、提示されたものを純粋受け身的に受け取るだけでいいのであって、そこに作品の背後に読み取るべき画家の積極的なメッセージや世界観、メタファーの提示などは存在しないということになります。ルノワールはそのすべてをキャンバスの中で表現しつくしており、それ以上でも以下でもなく、私たちはそれにただ身をゆだねれば、ただ受け取ればいい。その心地よさにひたすら浸っていればいい、というわけです。

それはちょうど、私たちが自宅のリビングのソファや映画館の座席に腰掛け、スナック菓子でもつまみながら、娯楽映画を見ているようなものでしょうか。ゆったりとリラックスしながら、画面やスクリーンに映し出される映像に身をゆだねていればいいだけです。まさに見えること(seeing)がすべて、それですべて事足りる、といった状況に近いといえるかもしれません。


 一方で「わかりやすい」「人気が高い」ということは、ルノワール作品の評価をめぐって、一般的な人気と芸術美術専門家の評価との間にしばしば見られるギャップを意味しているともいえます。見えること(seeing)よりも意識して見ること(looking)、作品をどう読みどう解釈するかに重きを置き、その歴史的社会的背景や絵画芸術史上の意義と価値について探り評価しようとする専門家から見れば、ルノワールの絵画は、批評的分析的に見る余地をほとんど与えない芸術であるとして、ときに「物足りない」との評価につながることにもなります。

 いってみればより通俗的で、古典的自然主義的な方向へと回帰しつつ、独創的かつ自由な表現技法を追い求めたルノワールの作品は、一般的人気を博しても、印象派という近代に起こった斬新かつ挑戦的な一大芸術運動における表現技法を含めた存在感や、その後の絵画芸術の歴史的展開へ与えた影響などにおいて、たとえばエドアール・マネ、クロード・モネ、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、あるいはポスト印象派としてのヴィンセント・ファン・ゴッホやポール・ゴーギャンなどと比較し、諸説あるもののその芸術的価値において一歩譲るという評価にもなり得るのです。


 しかし、磁器の街として名高いフランスのリモージュで洋服屋兼仕立て屋の家庭に生まれ、若いころ磁器の絵付け職人として修業を積んだルノワールは、画家や芸術家である以前に「職人」であったのでしょう。彼の作品に共通する洗練と精緻を極めた筆遣いと巧みな配色、芳醇な色彩表現とが生み出す、思わず引き込まれるような美しさと安心感には、そうした職人としての職業的背景が色濃く反映されているように私には感じられます。

ルノワールの絵画が本質的に語り掛けてくるものは、野や川の風景や親しい人々の肖像や少女たちの姿、踊り集う人々、近代の自然や都市の姿そのものです。彼の描く日常の幸福と安心に、芸術運動における思想的メッセージ、人生における複雑な陰翳、時の移り変りへの感慨、内面的自我の表象といった要素が入る余地はありません。印象派が絵画芸術史上画期的な芸術的意義を持ち、近代の精神性を色濃く反映する芸術であったとしても、彼にとってまず絵画とは、うごめく複雑な感情体験の表象や内的世界との対峙とは無縁の、あくまで日常を題材とした職人技術の究極的な表現の場だったでしょう。すべてが私たち誰にも了解可能な意味世界の領域のなかで繰り広げられる芸術であり、そしてそれが彼の職人としての匠の技により、限りなく美しい日常世界となって表現されつくされているのであれば、それに抵抗することは私たちにはもはや不可能です。


だからこそ、ルノワールの作品には常に時代を超える「今」があります。そして観るものの側の「今」と呼応し、私たちの日常を支え希望を託すことのできる力強さがあるのです。冒頭の会場の雰囲気や会話する人々の情景は、ルノワール作品のこうした不思議な魅力を物語るものであるかもしれません。どの作品も、私たちが誰一人見たこともなければ経験したこともない時代を彼が主観的に描いた世界です。にもかかわらず、これほど皆が了解する美しいものが表現されうるのであれば、そしてそれがとても明瞭に私たち一人一人の心に届くのであれば、きっとこうした世界はいつの時代にも生まれるだろう、そして希望は今でもあるに違いない、と私たちが無意識直観的に確信できるほどに、彼の芸術は永遠を宿しているのです。

複雑で世知辛く、そして気持ちが萎えるようなニュースや情報が次々に世界中から飛び込んでくるのが当たり前の、言ってみれば「わかりやすさ」と「美しさ」とは対極の空気と時間が流れがちな私たちの日常の中で、ルノワールの作品は単なる過去の美しき芸術を超え、今とこれからを生きるためのぶれることのない心の主軸のありかを確認し、回復するためのエネルギーに満ちていることに気づかされるのです。



 つい先日、美術館での鑑賞を終え、都心から郊外へと帰宅するとおぼしきひとりの女性を地下鉄車内で見かけました。その手には、ルノワール展の作品目録とミュージアムショップの袋が握られていたので自然と彼女に目がいってしまったのです。その表情や物腰、着衣などから勝手な想像をするに、70歳代半ばぐらい、すでに年金生活に入りささやかな暮らしをしていらっしゃるような、よく見かけるごく普通のご婦人でした。ひょっとしてお一人で質素にお暮らしなのかな、と感じさせるような雰囲気もお持ちでした。

 車中その女性は大切に作品目録を見開き、あたかも想像の中でもう一度展覧会場を巡っているかのような優しい微笑みを浮かべ、心奪われたような面持ちで一心に目録に見入っていらっしゃいました。とても好ましいお姿でした。恵比寿駅を過ぎ中目黒駅に差し掛かる手前、地下鉄が地上に出るあたりで彼女は目録から目を上げ、陽光注ぐ車窓を背にしばしぼんやりとその視線を外の景色へと移していました。ひたすらうつむき加減にスマホ画面を見つめる列車内の人々とあまりに対照的なその姿と表情は、大袈裟ながらとても凛々しく私の目に映りました。降りる駅まではまだしばらくあるのでしょう。

そのときの彼女は、そして目録に魅入られたかのような表情の彼女はたしかに、ルノワール作品に登場する踊り、読書し、野外カフェでくつろぎ、野の小道を辿る、幸福な人そのものでした。

ルノワールが私の最も好きな印象派画家であり、彼が他の画家より優れて偉大であると考える理由がまさにそれなのです。


最後までお読みいただいてありがとうございます。

メンタルケア&カウンセリングスペース 六本木けやき坂

d0337299_17442570.jpg


[PR]
by yellow-red-blue | 2016-07-22 22:50 | Trackback(1) | Comments(2)

芸術と私たち ~ 小暑の頃’16


前回のイチロー選手についてのブログに引き続いて、今回も美と心の関係、とりわけ芸術と私たちの心の関係について取り上げたいと思います。芸術を理解するために私たちの心はどんな働きをするのか、何を感じそれは何を意味するのか、そしてそれらは私たちの人生や日常にどのように役立っていくのかなどについて、私なりに理解し日頃考えていることを書いてみたいと思ってます。専門的知識は持ち合わせない私なりの切り口という意味ですので、あまり期待せずに眺めてみて下さい。

ではなぜこのようなことを考えているのかと言いますと、これも以前のブログ、「フロイトと絵画」で少し触れたのですが、芸術体験と、カウンセリングやカウンセリングスキルの向上、広い意味での対人援助行為とには一脈通ずるものがあるのでは、と薄々感じているからです。

アメリカで初めて心理学の講義を開き、独創的な心理学研究でも歴史的評価の高い、心理学者・哲学者のウィリアム・ジェームズ(1842-1910)は、以下の言葉を残しています。


「心理学が心の法則の科学であるからといって、教室ですぐに使えるような教育のプログラム、計画、方法などをそこから導き出すことができると考えるなら、それは大きな間違いである。心理学は科学であるが、教育は芸術であり、科学から直接的に芸術が発生することは決してないのである。その間には創造的な精神が介在し、自己の独創性による応用が必要である。科学がなしうるのは、せいぜい、我々の推理や行動が誤り始めた時に、自らを捉えてチェックし、また誤りを犯したときに明確な形で自己批判できるようにすることである。」

W.ジェームズ 大坪重明訳 (1960)『心理学について:教師と学生に語る』日本教文社)


カウンセリングは、元々アメリカにおいて心理学よりもむしろ教育学の分野において始まったものです。教育現場において、学ぶ人々それぞれの特性に合わせ適切なアドバイスや教育方針を取り入れていったり、社会人となる青少年の職業への適応を援助するいわゆるガイダンスにその起源があり、それがその後、教育分野を超え心理学領域でも取り入れられ、幅広い社会問題の解決や精神疾患の治療と結びついていったと言われています。

こうした背景から私は勝手ながら、上のジェームズの引用文中の「教育」と言う言葉をそのまま「カウンセリング」に置き換えて考えることにしています。そうして考えてみると、日々のカウンセリング実践の場においてとても納得し、また腑に落ちるところがあるからです。もちろん心理学が、カウンセリングの実践における基礎と原則を提供することに間違いはないのですが、それをストレートに適用するだけでは、あるいは心理学的専門知識に頼り、トレーニングで習い覚えたことを再現しようとするだけでは、カウンセリングとしては充分とは言えないと思うからです。さりとて、心の問題をあまりに哲学的観念的に捉えようとすると、具体的な問題解決の的確な処方箋になりにくいのもまた事実です。ジェームズにならい、「カウンセリングは芸術である」などと強弁するには無理があるとしても、私はカウンセリングが、その個々のケースにおいて独創性と創造性とを要求する実践活動であることは間違いないと考えています。なぜなら私は、カウンセリングにおける心の問題の、科学実証的側面よりもむしろ芸術世界との親和性の高さを、どうにも日々痛感するからなのです。法則性や共通性、あるいは集合性といった人の心の普遍的な要素へ焦点をあてることより、依然としてその固有性や特殊性、イレギュラーな様相への感受性に着目することにその本質を感じているからなのです。


ところで、芸術は一般的には「楽しむ」ものであるでしょう。芸術を「する」と言う意味での創作、自己表現活動としての楽しみもあるのですが、そのような技量や才能、趣味性を持ち合わせない私のような普通の人にとっては、芸術はもっと気軽に鑑賞し楽しむもの、一級の芸術作品に接することによって心豊かな気分になり、またそのことが潤いある日々を送る一助になると考えるわけです。もう少し芸術に造詣の深い人々にとっては、その作品に潜む時代的、思想的、個人的背景に焦点をあてたり、筆致のテクニックや表現技法を探るなど、より専門的総合的に作品に接するということもあるでしょう。これもまた普通に知られる楽しみ方です。その一方で、芸術の意味については別の見方もあると私は思っています。


「自分が何者であるのかを知ること」

私なりに定義するとそのようなものになるでしょうか。芸術が問いかけてくる無限の可能性と向き合い、真摯に理解し経験しようとするプロセスを通じ、みずからをさまざま問い直し、自己の変容と心理的・人格的成長を促すもの。あるいはまた、実社会における人間関係と価値観の葛藤の中で、内面的な豊かさと自由を保ち、今とこれからへの希望を育むための心の拠り所となるもの、とも言えるかもしれません。芸術を絵画や美術と言い換えてもまたしかりです。

例えば、私たちがすぐれた小説を読む際、その物語の主人公や登場人物の生き方に共感したり反感を覚えたり、また主人公の体験を自分のものとして引き受け感情移入をするといった、さまざまに心が揺り動かされる体験をすることを通じて、自分自身に対する省察が深まり、内面的な成長を遂げる経験をしばしばするように、絵画の鑑賞もまた、私たちの内面をさまざま刺激する心的体験です。しかもそれは、額縁とキャンバスという極めて限定されたサイズのしかも平面的な枠組みに無言のうちに展開されるある芸術家の主観の世界を、決められた場所と期間において、「それ」と「私」が同時に存在するときのみ成立するという、考えてみればなんとも独特な制約の中で味わう一期一会の体験、「いま・ここ」の世界の極みといってもいい体験です。けれども、かえってそうした外的世界の制約がもたらす手がかりの少なさゆえに、それらは私たちをよりいっそう内的世界へと誘い、自分の内なるものとの対峙を促進します。こうした芸術体験は、心理臨床の場において様々な表現療法(芸術療法)が用いられたり、描画法やロールシャッハ、TATといった、そもそも意味するところがあいまいで、解釈における個人差と自由度が著しい視覚的刺激を提示することで、被験者の人格や性格を把握しようとする心理検査手法が用いられたりすることと、決して無関係ではないと考えるのです(ちなみに、上で引用したジェームズは若い頃は画家を目指していたそうです。)


と、ここまでは心理学をからめてちょっと堅苦しいお話になってしまいました。次回は、現在国立新美術館で開催中の展覧会が話題の、西洋絵画の巨匠ルノワールについて触れたいと思います。


最後までお読みいただいてありがとうございます。

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 六本木けやき坂

d0337299_21304325.jpg


[PR]
by yellow-red-blue | 2016-07-06 22:17 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、時にカウンセラーとして、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。ブログのどこかに、読む人それぞれの「わたし」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る