優しい気持ちでいられるために(Ⅱ)~ 小雪の頃'15

 
 癒しや絆とは、言い換えれば人と人との「ふれあい」あるいは「愛着」ということになるでしょうか。ふれあうことの意味や役割が変化し、またそこから疎遠になりがちなわたしたちの生きる今の社会を象徴する言葉ともいえるかもしれません。

 互いを理解し、親しみや信頼の気持ち、あるいは愛する感情を育み、心を通わせるための様々な表現手段、心の相互作用としての「ふれあい」。「考える」より「感じる」、「見る」「読む」に偏らない五感を使ってのコミュニケーション手段といってもいいかもしれません。わたしたちには、いつしかこのふれあいが不足し、「ふれあうこと」に不器用になってしまったのかもしれません。もちろんこれはあくまで個人的な印象です。

 個人的な印象といえば、以前幼児や児童とその保護者と交流する仕事をしていた時にしばしば感じたのは、子ども達が文字通りお互い「触れ合う」遊びをあまりしなくなったかな、ということでした。いっそう進化したゲーム機や流行りもの玩具が子ども同士の間に割り込み、遊びを通じた心身のふれあいを妨げているかのように見えて、自分が子供だった頃とは随分と違うなという感想を持ったものでした。お互いの感触と匂いを肌で感じ、様々な言葉と表情、しぐさを交わしながら成長する機会が少なくなった子どもたち、それを知らずに成長する子どもたち
 
 昔はよかった式の物の言い方はいつの時代もあるもので、時代が変われば人も生活も言葉だって変わっていくのは自然の流れです。変わったからといってそれが悪いということにはなりませんし、あまり的を得た公平な見方ではないと思います。ただふれあいは、肉体的にも精神的な意味でも、人間と言う生物にとってはとても大切な儀式というか活動なのでしょう。それが急激な時代の移り変わりとともに形を変え、必要性が薄れしたがって学ばなくなり、見えなくそして意識されなくなり、いつしかそうしたものがあったことすら忘れられてしまってきたのかもしれません。そして、今やふれあいは、ITネットワークコミュニケーションに取って代わられたかのようです。

 先日、あるメンタルヘルスに関するセミナーで講師の先生がおっしゃっていたことは、「今の人たちが誤解しているのは、電子メールは情報伝達手段ではあっても決して真のコミュニケーション手段にはならない。」ということでした。IT技術のもたらす様々な恩恵と将来のポテンシャルは疑うべくもありません。パソコンや携帯スマホによるやりとりもコミュニケーション手段ではあるのでしょう。

 ただ、おそらく講師の先生がおっしゃりたかったことは、ITに比べ直接の人間同士で交わされるコミュニケーションにおいては、実はお互いについてはるかに多くの情報をもたらすことが可能で、それらは複雑かつ重層的に絡み合みあいながら、よりダイナミックな相互作用と関係性をもたらすものである一方、ITはそれを補完する道具として重宝するものであっても決して代用することはできない、ということなのでしょう。
 そして、にもかかわらず現代社会ではあたかもITがそれらを実現する同じ「手段」としてイコール並列的に捉えられ浸透して、それで「済ませ」ている、それで「お互いは分かりあえた」かのような幻想を抱かせ、かえっていっそうの誤解や疑念、不正、余計な意思疎通確認を日々生み出し繰り返している、という問題をその先生は指摘されたのでしょう。視覚によって得られる情報を「処理」したり「考える」ことに偏り、かつてのわたしたちが自然に体験していた、五感を駆使することで人を感じ、理解してきたことを忘れがちな現代社会を象徴しているともいえるのではないでしょうか。

 こうしたことは、カウンセリングの場ではより一層顕著なこととして実感されますし、多くの人も日常生活の経験の中で薄々とは感じていることなのでしょう。
 なぜなら人間はその本能あるいは習性として真のふれあいを渇望する生き物で、それは決して他では代用することができないはずのものだから。そこで再び真のふれあいの模索が始まり、それを解釈する新たな言葉として「癒し」「絆」なるものを編み出す。だから「癒し」「絆」という言葉そのものは古くからある日本語でも、その意味するところ、背景は違うものなのだということを何となく最近理解し始めたところです。

 でもふれあい慣れしていない現代のわたしたちは、なかなかよいふれあいを持てずに、どうしてもぎこちない生き方を選びがちなのかもしれません。インターネット世界でのバーチャルなふれあいから、お金を払っての様々なふれあいの形(今流行のエステやマッサージ、ペット飼育などもそうなのかもしれません)をなんの躊躇もなく求めがちです。その程度ですめばまだしも、暴力や虐待、ハラスメント、痴漢や盗撮、買売春などの性犯罪行為に至るまで、いびつに膨れ上がったふれあいを渇望する極端な行為に走る人々もいて、バランスのとれたふれあいを求めていくことに苦慮するわたしたちの今を見るような思いがします。

 先月末、東京の街はハロウィーン一色のような大騒ぎでした。いつの頃からこんなに一大イベント的お祭り騒ぎになったのかしら、と思うほどの世代を超えた弾けように少々戸惑いと違和感を覚え、つい無駄な外出は控えようと尻込みしてしまったものでした。そのハロウィーンの終わった翌朝、休日にしてはけっこうな乗降客でごったがえす最寄り駅の改札口付近で、じっと抱き合っている若いカップルの姿がありました。それこそちょっと異常なまでに相手をむさぼるかのように抱きしめ、陶酔しきった感じで、行く手を塞ぐまわりの迷惑なんてあまり気にも留めない様子。
 
 「若いっていいですね~」などとほほえましい眼差しを向けたいところなのですが、でも見ているこっちが気恥ずかしさを覚えるような、ちょっとうらやましい幸せ一杯の恋人達の風景とはどうも様子の違う、なにやらちょっと不自然でぎこちないといいますか、むしろそんな自分達を露出していることを実感したいかのような空気が漂い、今風にお下品な言葉遣いでとても心苦しいのですが、『何だか妙にウザく、暑苦しいオーラ出しまくり』の様子なのでした。
 今回に限らず時折そんな光景を街で見かけます。やっぱりこれって不慣れな一種の歪んだふれあいの形なのではないかなぁ….

 と、オイオイちょっと待ちなさいよ、そんなよく事情のわからない街中のカップルのことにいちいち「ウザく暑苦しい」だなんて。なんのことはない、わたしにもやっぱり「ふれあい」が足りていないのでは...
 単にカルシウム不足とかだったらいいのだけれど.....(2015年11月20日)

メンタルケア&カウンセリングスペース C²-Wave 麻布十番

 ✽今月の無料相談日は1127日です。


d0337299_16030327.jpg 
 
 


[PR]
# by yellow-red-blue | 2015-11-21 00:36 | Trackback | Comments(0)

「いま」について日々感じること、心動かされる体験や出会いなど、カウンセラーとして、また時に仕事から離れ、思いつくまま綴っています。ブログのどこかに、読む人それぞれの「わたし」や「だれか」を見つけてもらえたら、と思っています。


by yellow-red-blue
プロフィールを見る